とまらず弾けた

川岸に菜の花が咲いてびっくり。
寒い寒いと思っていたけど、
春は確実にやってきる〜。

確定申告、そして年度末ということで、
今期、自治会の会計をやっておりまして、
決算書報告づくりに四苦八苦してました。
自分でも確定申告するから、
帳簿等には慣れているからいいのだけど、
未だに帳簿が手書きなのがつらい(清書はまだ)。

そんな中、
ノクターン2番の最後の、
テンポもすこし速くなりつつ一番盛り上がるところ、
やっととまらずに弾けるようになりました〜♪
亀の歩みだなぁ〜。

あ、昨日、娘のピアノのレッスンで、
娘の日々の成果がでてきたのか、
「ちょっと進歩が早くなった感じですよ」とほめられました。
「新しい課題になったときになかなか弾けず
毎日泣きながら(弾けないのがくやしくて+母が厳しく接するので)練習してますが…」
とお伝えしましたら、
「弾けるようになるまで、泣くことが多いかもしれないけど、
もう少しして弾けるようになったら楽しくなるから」
と言われました。

そうだね〜、
弾けないときは私でもクサクサするもん、
弾けるようになると楽しくなるね。
なので、昨日は日頃のがんばりを褒めちぎりました。

娘の練習中はついつい家事をしたくなるのですが
家での練習際には丁寧にみてやりつつ、
この調子で引き続きがんばろう!と思いました。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

次の曲〜

ノクターン2番、まだ完成しておりませんが、
そろそろ次の曲…と思って決めました。

ワルツ13番と迷ったけど、
まだ取り組んだことのないマズルカに決定。
1番です。
(Mazurka No.1 in F sharp minor Op.6 No.1)

どうだろう、難しいかな〜。
楽譜はもちろん、大人の贅沢・エキエル版ですよ。

初マズルカに挑戦しまーす。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

そろそろ再開して1年

ピアノ再開とブログ開設から1年がたとうとしています。
ゆるゆるとだけど、続いてるな〜♪
あんまり成長はしてないかもしれないけど、
いくつか弾けるようになった曲があるということは
進歩だ!!と自分をほめることにしました。
(誰もほめてくれないのでな…)

あれから1年後の今は
ショパンのノクターン2番を練習中。
だいぶ、スラスラと弾けるようになったものの
コーダの部分がうまいこといかず、
何度も何度も繰り返し練習をしております。
ここが決まらないとがっかりなので
びっちっと決まるようにがんばらねば。

だいたい通して弾けるようになって
改めて、目を皿にして楽譜をよ〜〜〜〜っく見ると、
大抵、音間違ってる箇所あるんだよなー。
もー、うっかりさんったら。

そこも確認しつつ、
2月中に完成できるかな〜。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ノクターン、参考になる演奏は?

ノクターン2番、まだまだ練習中。

やっと通して弾けるようになりました。
音をちょいちょい外してしまうのでまだまだ練習中。
そろそろ暗譜せねば。
楽譜みながら音を探っているようではダメだもんね。
ちゃんと弾けない感じがします。

ノクターンの演奏を聴くと、
プロの方は拍を合わさずに弾いてますよね。
それがノクターンの味わい、
そういう風に弾けてこそ、聴ける演奏なんだろうなぁ。
2番に関しては
なんてない感じに、さらっとしていながら
味わい深く弾くというような…むむー。
そんな演奏に憧れるわ〜♪

私はまだまだ、到底そこには行き着けないので、
まずは素直な感じで、
楽譜通りの練習に励もうと思います。

ノクターンのCDは、
ユンディ・リーさんと
アダム・ハラシェヴィチさんのしか持ってないのですが、
ほかに参考になるオススメの演奏はありますか?

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

やっと最後のページ

年度末は仕事の方であれこれ作業が重なり
なおかつ、娘のピアノレッスンをちゃんとみてやらねばならないので
なかなか自分の練習に力をいれられない日々ですが、
やっとノクターン2番の最後のページまでたどり着きました。

まだスラスラ弾けないのでがっくりきちゃいます。

この曲は4月頃までにはぜひとも暗譜して
スラスラと弾けるようになりたいです。
ショパン先生、頑張ります!

前回の記事で言ってた
ピティナステップに参加云々とか言ってる場合ではない。
そんなレベルにもなってないよね〜。
とかいいつつ、正直なところ、ちょっと心が揺れてます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

目標設定について

ピティナのページを時々みるのですが、
ふと
「ピティナのステップってどうなんだろう」と思いまして。

人前で弾くことができる、
どのくらい弾けてるか知ることができる、
という意味では、挑戦していいのかもしれない、
と、ふと思いまして。

自由曲1曲で5分以内のコースか
課題+1曲のコースくらいだと負担はないのかなぁと。
(ノクターン2番が課題曲であるっぽかったので)
あとは会場でいうと、
5月末に開催のところでちょうどいいのがあるなぁ。

ううむ。
どうなんだろう。
そういう目標でももったらモチベーションあがるかな、とか、
でも緊張して弾けずにケチョンケチョンに言われたら
もうピアノやる気もなくなっちゃうかもとか、
挑戦するなら、少しでも若いうちがいいかなとか、
いろいろ考えちゃうな〜。

娘の日々の練習も大事だけど(笑)。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

5歳のピアノ練習

最近、自分のことどころではないという話。

5歳の娘のピアノの練習が
なかなかうまくいかず、難儀しております。
なんだろうかなー、練習に集中してないというか、
この前なんて先生に「何かんがえて弾いてた?」って言われて
「なわとびのことがんがえてた〜えへへ〜」と。

やればできるんだけど、時間がかかるというか、
エンジンのかかりが遅いというか。
まぁそこは仕方ないです、性格なんですかね。
しかしなーもうちょっと集中力を養わねば。

両手で弾くと
右手は左手にひっぱられ、
左手は右手にひっぱられ…

娘「わかってるって!」
母「わかってないじゃん!」
娘「もうっ!言わないで−」
母「わかってないから弾けてないじゃん」

みたいなやりとりを日々しております…。

ピアノ嫌いにさせないように
家では優しく優しくと思ってきたけど
甘やかしているだけでは上達しないことがわかりました。
家での見守り方、これでいいのかどうか試行錯誤です。
ほんと、私は別に教えているわけではないけど
教えるって大変ですね。

5歳の練習も
片手練習、部分練習、大事ね!!
それを地道に繰り返しやっと弾けるようになるという。

まぁ、できたときには喜んでいるので
「やればできるじゃん!」とほめて
できた!ってときのアハ体験?みたいなのは大事にしようかと思います。