トホホなステージ練習

コンクール・ステップ等に出場の生徒さんたちに混じって
私もステージ練習、1回弾かせてもらいました。

去年ステップに出て、すごく緊張して大失敗だったけど、
去年のステップの様子がわかっているから、
今回は緊張しないだろうよ〜、大丈夫だよ〜、と自分に暗示をかけたはずが、
いやー…、私ってば、
相変わらずステージで弾くの慣れてない(笑)。
もう、大事故の予感しかありません!!!
あああ〜〜〜こわいこわい、
このままでは去年の二の舞じゃ〜〜〜!!!

娘も練習のとき(他の生徒がいない空間)はいいけど、
他の生徒さんが客席で聞いてくれてるときには
緊張して間違えたり、テンポが妙に早くなったり、肩に力が入ったり
娘の緊張しぃは私譲りなのかもしれません、
親子で苦笑するしかなかったよね、ほんと。

お家でも本番と思って、
緊張することに慣れる事、でも本番は緊張しない事。

練習しマッスル。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

広告

やっぱり楽しいな

ステップに向けて
本腰いれて(といってもゆるいが…)練習再開しました、ワルツ8番。

昨日、ちょっと先生の前で弾いたら、
「全体的に重い。左手、今の半分くらいで弾いて」と言われました。
あと、音が濁らないように、ペダルの踏み替えを確認。

練習時間は今、あまり取れない状況ではありますが、
それでも、毎日少しでも触って
ああでもない、こうでもない、こうかな?ああかな?と
練習するのはやっぱり楽しいなぁと思うのです。

子どもみたいにどうしてもやらなきゃ!っていう状態じゃないだけに、
弾かなくなっちゃうと弾かないのが当たり前になっちゃいますね。
すぐにね。

初心を思い出して頑張ろう!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ステップに向けて♪

さて、娘のピティナコンペティション地方予選終わりました。

あー、今年はいい具合で仕上がってたのに、
緊張に負けたのか、途中で止まったり、弾き直してしまい
予選通過できませんでした。
奨励賞もいただけず、かろうじて入選…。
まだまだ練習が足りないんでしょうかね?
結局、そういうことなんだろうね〜〜。
コンクールって難しいな。

娘は悔しがることもなく
「失敗しちゃったー、惜しかったよね!」と言ってましたが、
これまでの頑張りを思うと不憫だったし、なんていうか…
母はマジ心が骨折したよね…。

コンペではかなく散ったのですが、
せっかくここまで頑張ったんだからもう一度ちゃんと弾ける機会を、と
娘も一緒にステップに申し込みました。
コンペの地方掛け持ちは、親子共々精神的にも限界なので(笑)辞めました。

娘はあと1か月ほど、同じ曲を練習するので
集中力が途切れないといいけどな、という心配はあります。
私は3か月くらい弾いてないので、これはマズイ…。

娘はフリー3分、
私はフリー5分枠で申込みしました。
ショパンのワルツ8番です。
骨折した心を立て直して、
1か月、集中練習しまーす。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

バレエとチャイコフスキー

最近の発見。

チャイコフスキーの曲は音楽の方向からしか聞いたことなかったけど
バレエ音楽として聞いてみても
これはチャイコフスキーすげーな!と思うこのごろ。

いくらピアノでショパンの曲最高!って思っていても、
ショパンのバレエ音楽の「レ・シルフィールド」ですか?
あれは…スミマセン…面白くないんですヨね…
私の勉強不足かもしれません。
「レ・シルフィールド」はこんなにいいんだよ!っていうの、
あったら教えていただきたいです。

曲はいいのに踊りがついたらなんかこう、今一歩というか。
そこがショパンがピアノの詩人と言われるところでもあるのでしょうか?

なので、チャイコフスキーおじさんの曲は
バレエ曲としても聴きごたえあるし、
音楽の面から見ても素晴らしいし、
やっぱりすげーな!!

ただ、好みの問題だけども
チャイコフスキーの曲はオーケストラのが一番好きで、
あれをピアノ用に編曲したのは弾きたいとは思わないのよね。

あ!牛田君の花のワルツはそれは素敵だったよ!!
あれは編曲と演奏者がよかったのかしらね!!

で、チャイコフスキー関係ないけど
ここ1カ月くらいは、ショパンのマズルカばっかり聴いています。
ぜ〜んぶ通してヘビーローテーションよ。
全集が欲しくて、江崎昌子さんのを買ったんですヨ。
それがとてもよくて!
マズルカって、弾く人によってすごくイメージが変わるなぁって感じてて、
おもしろいですね〜。

ご無沙汰〜

すっかりご無沙汰。
ピアノ、全然弾いてない。
なんでかっていうと、
娘のピアノでいっぱいいっぱいだからです。

というのも、
今年もピティナのコンクールにでることにしたんで、
本番まであと3週間切ったところ。
今年はA1カテゴリーで、
娘は小1だけど、小1〜小2参加のカテゴリーだから、
今回は完全に負け戦なんだよね〜。

去年懲りたはずなのに、なぜまた参加するのか。

コンクールって年に1回でも挑戦すれば、
予選通過云々ではなくて、
(あ、もちろん先生は結果を出せるよう指導してくださってます)
一生懸命練習する分上達するかな〜、してほしいな〜という、下心あり、
また去年の練習の仕方がうまくできずに、
最後に先生に怒られたりしたもんで…
今回は反省をいかすつもりで参加にしました。

どっちかっていうと…、
「私の精神を鍛える為のコンクール参加」みたいなことになってます(笑)。

娘も曲がある程度仕上がるまでは泣きの日々でした。
あ、今もか。
でも、先日、教室のコンクール参加者のステージ練習をした際、
子どもたちみんな、しっかり仕上げてきてて、
「あ〜〜〜、素晴らしいなー」と思いまして、
こういう気持ちになるから、やめられないのだな、とも思いました。

来年はね、娘の意思に任せます。
でも娘がいうには
「コンクールがあるっていうと、でたくなっちゃうから言わないで」だそうです。

私は全然練習してないから
ステップに参加するのも迷い中よ、トホホ。

でも昨日、娘が言ったよね。

「おかあさんのピアノ、ききたいな」

ってさ。

ホントかな(笑)。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

やっと霧が晴れてきたような

気にかかっていたことが一つずつ終わり、
ようやく霧が晴れてきたような今日このごろでございます。

あ、別に鬱とかじゃないですよ。
組織的なことで動かねばならないことがあって、
報告とか要望とか意見とか、そういうことをあれこれしていたもんで
ホントに疲れ果てましたよね、気持ち的に。

まぁしかし、年度が変わって心機一転ですよ。
しばらくはぬるま湯みたいなところに浸かっていたいわぁ〜。

先々週末は映画「欲望の翼〜デジタルリマスター版〜」を見にいき
先週末は、楽しみにしていたKANさんの弾き語りライブ、
や〜っと私の春休みが終わったって感じです。

そしたらもうゴールデンウィークが目前という…ね。
月日の流れは早いですね。

今日は久しぶりにパンでも焼くか? という余裕ができて、
パン作りの工程にある「ベンチタイム5分」を利用して、
一回だけ、ワルツ8番を通して弾きました。
ただの一回、それだけしか弾いてないんですけど、
久しぶりに弾いてみました。

ただそれだけの報告でした。

ピアノってモチベーション保つのが難しいな…。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ただいま停滞気味〜

こういう時もあるかも。

なんかー、練習がイヤになったわけでも
ピアノに飽きたわけでもないんだけど、
なんだか弾く気になれないの。
前は寸時をぬって練習してたんだけど、
まあ、実際、今現在は練習より優先すべきことが多いからなんだけど、
なんていうか…

心身ともに疲れてるなー

って感じています。
4月上旬までの忙しさの疲れが抜けない。

気分転換にピアノを弾く事に幸せを感じていたんだけどな。
それを感じないとは、私、重症じゃん(笑)。
原因はわかっているんですよ〜、原因は。

今はとにかく、仕事は早め早めで終わらせて、
夜はゆっくり本を読みたい、早い時間に寝たい。
CDは聴いてるのよ〜、ショパン聴いて癒されてます。
あ〜この曲弾きたいな、あの曲弾きたいなって、思うのは思うのです。

まぁいいや。
とりあえず、週末はKANさんのライブ、前から5列目!
そして学生時代の友人に会ってつもる話をしてこようと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村