ひとつずつひとつずつ

最近のこと。

娘(小1)の話になりますが、
今年の春頃に受けたピティナのコンクールで
止まって弾き直しをしてしまったことがトラウマになっていたのか、
間違ったら真っ白!!みたいな状態が続いていまして。
「間違っても止まらない」というのが課題でしたが、
なんとか、この課題を克服できたような気がする…です。

それもしっかり練習したからこそ、できることで、
ここしばらく、よく練習を頑張りました。
これでひとつ、成功体験を得たというのか、
自信がついたんじゃないかな〜と思います。
むずかしいことだってやればできるってこともわかっただろうし、
がんばる力もついた!
(実際私が子どもの頃よりは、う〜〜〜〜んと頑張ってるしなぁ!(親ばか))
この頑張りがいろんな方面に、きっと、つながるはず。

とあるコンクールの全体講評で審査員の先生が

「先生に言われたからそうしているんじゃなくて、
 自分でどう弾きたいか、ここはどういう気持ちで弾きたいかを
 自分でよく考えて弾くようにしましょう。
 今は昔より簡単にCDや動画で曲を聴くことができますが、
 それらのまねではなく、自分の演奏をしましょう」

とおっしゃっていました。
「自分の演奏をする」、ここ、肝よね。
ピアノの習うっていうことは、
自主的に発信できるような人間になる訓練でもあるんだなと
改めて感じたのであります。
考えること、大事ね。
ピアノはよい習い事だと思います。
ある時期まではホントに大変だけどさ。

まぁ娘のことはともかく、
発表会まであと2週間というところで、
私の進捗状況は、あんまりよくないですよねー。

私の課題も

「間違ってもとまらない」

なんですよー。
あとで録音してみようかな…現実と直面してみよう…。

さて、私もがんばらねば(白い目)。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

広告

発表会まであと1カ月

ここも放置気味ね…。
発表会まであと1カ月を切りました。

ワタクシ、未だ先生に曲をみていただいておりません。
なぜなら…娘のレッスンの方が優先だから。
それはいいの、納得してます。
私にとっても娘のレッスンを優先していただきたいので。

しかし、さすがにあと1カ月と思うと不安! 
ちゃんと曲になってるのか、全然わからないんだもの。
え? ここに音源アップしたらいいじゃないって?
そうですよねぇ・・・。その勇気がでないのですがー。

まぁいいわ、あまり思い詰めず、気楽に行こう。

という状況であります。
毎日練習時間は20〜30分程度です。
なめてんのか!っていうくらいの練習時間。
その分、娘は「今が大事!」とばかりにきっちり練習させてます。
こつこつが大事、
この習慣がつけばな〜、各方面に役に立つはず。

いろいろ忙しくて、頂き物のゆずをたった今絞りました。
700ccくらいあるので、少し長く保存できるようにして
(クックパッドという神サイトをググりました)
自家製のポン酢で豚しゃぶのお鍋をしたいです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

今更だけどクラシカロイド

2016年に放映が始まったクラシカロイド(アニメ)ですが、
今、また再放送やってます。
娘(小1)が見て理解できるようになったこともあり、
毎週見ているのですが…

あらためて、音楽がスゴイ!
クラシックへの入口はともかく、
このアニメで娘がベートーベンやらモーツアルトやらに興味をもってくれたことはうれしいので
CDも買ったちゃったね〜。

特にベートーベン×布袋寅泰の組み合わせは
最高に相性がいいと思っています。
布袋節満載な編曲で、彼はホントに天才だな〜。

ドヴォルザークの新世界は
歌詞が「シュッポッポー」でちょっと笑ってしまったけど、
YOSHIKIなみのドラムがしびれます。

特に私が好きなのは
『リスト 愛の鐘─ラ・カンパネラより─』
下にyoutube貼っておきますんで、よろしければ是非。

初めて聴いたとき、
なんか、いいわ…なんだかわからないけど、
この、血湧き肉躍る感は一体…と思ったら
浅倉大介(編曲)と貴水博之(ボーカル)やん、
それってaccessやん!!
すごいファンだったわけじゃないけど、流行ったよね!!

なにかと40代にうれしいアニメだったりして(笑)。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

9月のアレンジメント

ピアノとは関係ない話、
9月末に作ったフラワーアレンジメントです。

「秋の巣篭もり」のイメージだそうです。
先生の配色と花材のセンスはいつもながらステキ。
これに黄色やオレンジが入ると
ハロウィーンの雰囲気になる、とのこと。

家庭菜園スペースに、
野菜だけじゃなく花も育ててみようかな。
チューリップは毎年植えてるけど、
通年で花を切らさないようにするとか、そういう感じで。

20181001

ああ、アレ、この曲だったんだー

バレエレッスンの際に
最初のウオーミングアップ?でよくかかる曲が
ショパンの
『ノクターン 第10番 変イ長調 作品32-2』
ということに、今さらながら気がつきました。

発表会の曲、
がんばってノクターン10番とか12番とかでもよかったな〜とか、
今さら思ったりしたので、
発表会が終わったら、来年はこの2曲も候補にあげとこうかな。

なんか、今は短調よりも長調の気分です。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

石の上にも3年

アイコンをやどかりちゃんに変えてみました。
この夏の沖縄旅行で、浜辺で出会った子です。
沖縄の浜辺はやどかり天国であっちにもこっちにもやどかり、
米粒ほどのやどかりも居たりして。
それぞれが様々な貝を背負っていて観察が面白かったです。

さて、
「石の上にも3年」ってよく言ったもので。

バレエ初めて3年目に突入しました。
相変わらずアタフタして「踊る」域まで達していませんが、
体だけは柔らかくなりました!!
完全前後開脚まであともう少し!!
最初の頃はぜ〜んぜんできなかったのに、
やればできるんだな〜〜と、自分でびっくり。
3年目のうちには、きっとピッタリ開くはず。
3年やれば変わるんですねぇ〜。

ピアノはどうですか?
再開して3年は過ぎましたけど、
最初の頃よりかは指が動くんじゃないですか?
何曲か、弾けるようにもなりましたよね?
あの「マズルカOp.59」III. 第38番 ヘ短調」だって
譜読みちゃんとして、発表会で弾けましたよね?
「ワルツ14番」だって「ワルツ8番」だって、弾きましたよね?
ステップにもでて人前演奏にチャレンジしましたね?

ピアノって、どうしても今やってる状態で進歩が見えにくいから
あ〜〜あ…って思うことが多いけど、
振り返れば、ちゃんと結果が残ってる(仕上がりはともかく)。

だれも褒めてくれないから
自分をアゲながらがんばろうと思います(笑)。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村