やっと止まらずに

ショパンエチュードOp.25-2、
苦戦していた箇所もようやく指が覚えてくれれて、
通して弾けるようになりました。

ペダルの入れ方がよくわからないです。

エキエル版の楽譜には
注意が必要な箇所しか書いてない…んじゃないかしら。

うちのピアノは響きすぎて濁るので
ついつい細切れに踏んじゃいますが
そうじゃないんだろう、今までの経験上。
これは先生にお聞きするとして…

は〜〜〜、
通しで弾けるようになるまで時間かかったわ〜〜〜〜!

(まだ3回に1回は間違うけどさ…)

あとはですね、なんていうんですか、
右手のタッチですかね、音量というのか、
どのようなタッチで弾けばよいのか。
うちのアップライトは鍵盤軽いので、なかなか難しいところなのですが
自分では右手の音がでかいんじゃないかと感じています。
全く綺麗な感じに聞こえないので。
音が大きいからペダルいれると濁るのかなぁ?

で、これまた、
グランドピアノで弾くと、感じが違うんだろうなぁ。

またグランドピアノの練習に行くかなぁ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

マダムバレエグランプリですって!

昨年9月から
週1のミセスクラスでバレエを習っています。
バレエの世界はど素人ですので、
言葉から何からなにまでちんぷんかんぷんでしたが、
少しずつ少しずつ覚えています。
最近はふくらはぎの筋肉痛がなくなりました。
体は少しは柔らかくなってるのだろうか?

バレエは新しく始めた趣味…趣味?
どちらかというと、まだまだ体力づくり枠の1つでありまして、
あまり記事を書くまでのこともないのですが、
ブログをフォローしているかや野先生の記事に
「おおっ!」と思うことがありました。

「マダムバレエグランプリ」
大人のバレエコンクールなるものがあるんですって!
わ〜〜〜、すごい!!素敵じゃない!!
年をとっても挑戦できる機会があるんですね。

私のバレエライフの当面の目標は
この夏までにパッセ、ピルエットができるようになること。
こちらの道のりは長いですのでぼちぼちと。

ピアノはまじ孤独なので(笑)、
(そして私はフリーランサーなので仕事も孤独よ…)
バレエでステキミセスの方々とおしゃべりできるのは楽しく、
なかなかいいバランスであります。

ピアノもまだまだ勉強することはたくさんあるし、
もう〜〜、40代、超いそがしいよ。

「色どり豊かな人生」を、
1度きりの大事な人生、大切にしなくちゃですよね、ホントに。

何曲練習するか

みなさんのブログをみていると、
レッスンされてる方はだいたい2〜3曲されいるようですね。
練習曲(ハノンまたはツェルニー)+自由曲、的な。

私はとりあえず次回のレッスンは7月上旬。
エチュード25-2しかやってないのと、
先生が子ども達のコンクールでお忙しいようなので
(それと、ご家族の介護を少しなさっているので)
30分のレッスンにしてもらいました。

今後、3〜4週間に1度のレッスン予定なので
受けるなら1時間受けたいし、
3〜4週間も1曲だけの練習ってのは、
よほど難しい曲じゃない限りもったいないかな。
もちろん、ポロネーズやりたい、ノクターン13番やりたい、
ベートーベンのソナタやりたい!だと
1曲集中になるとは思いますが、
「再開されたなら、まずはいろいろ弾いてみた方がいいですよ」
と言われていたので、
短い曲、軽めの曲を多くやったほうがよいのかしらね。

んー、どうしようかな〜♪
って考えてるときが一番楽しい。

ショパンばかりじゃないほうがいいのか、
ショパンばかりじゃ私が飽きちゃうか、わからないのだけど、
まぁまぁ易しめの曲としてどうかと思って考えてみました。

基本軸はショパンに置くとして、
ノクターン2番、20番あたりか、
ワルツ、マズルカは弾きたいものがたくさんある!

その他だと
シューマンの子どもの情景とか、
ジョン・フィールドのノクターン、
シューベルトの楽興の時3番とセレナード(これは難しいけど)
あとはブラームスのワルツ(Eテレのジングルになってるやつ)とか、かなぁ。

やりたい曲がたくさんありすぎて困っちゃうな−。

バッハとモーツアルトがでないのはなんででしょうね(遠い目)。

あ、あと今自主練習してるのがジブリの曲。
ピアニートさんが編曲の「旅路」がなかなか難しくてねー。
ピアニートさんの編曲が(演奏も)一番ステキだと思いました!!

発表会でやりたいので、少しずつやってます。
あの山場をどうするかな…。
ジブリの曲は、弾けると万人受けするからいいなと思います。
けどアレンジがあまり好きなのがないのよね…。

なので、今日は
ピアニートさんの素敵な演奏を貼っておきます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

まだ触ったことありません

別にスタインウェイが唯一最高のピアノとは限らないと思いますけど、
私はまだスタインウェイのピアノを弾いたことありません。

娘は発表会、コンクールと、
もう2回も弾いてる!!

先日私が参加したステップも
スタインウェイとか書いてあったけど
実際はヤマハのピアノでした。

なので、娘、うらやますぃーです。

今度、7月だったかな〜
市内のカワイ教室にシゲルカワイが入荷予定らしく、
弾けますよ、と案内がありました。

シゲルカワイもいいピアノだと聴きますので、
機会があるのなら是非弾いてみたいよね。

あ、ちなみに26年ぶりにピアノ再開(そして1年ちょい経過中)の私は、
まだまだグランドピアノを前にすると震えます。
っていうか、家の以外のピアノを弾くことに緊張する、って感じです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

音源(ピティナステップ直前の)

5月に初参加したピティナステップのための
直前の練習音源、アップしました。

ショパン、ノクターン19番とワルツ14番でございます。

え〜っと…直前なのにまだ間違えているというね…。
ここが成功したら次に気が抜けて失敗しちゃうというね…。
あと、ドカーンドカーンと弾いているのがよくわかりますね。
14番に至っては後半に疲労が伺えるという(笑)。
最後のところ、重苦しいわ〜〜〜。

あらましい演奏でお聞き苦しいかとは思いますが、
先生のところのグランドピアノで弾かせてもらっている時の音源ですので
(グランドピアノはやっぱり響きがよくて3割り増しよくなるわ)
ステップ初参加の記念にアップしておきます。

あ、写真はポーランドのクラクフの街なみでございます。
緑が多くてよいところでした、また行きたいな。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

親子で一段落〜

娘(年長)のコンクール終わりました。

演奏順序がトップバッターでした。
参加人数5人で3人が通過。
娘はトップバッターでも緊張はしなかったらしく、
今までで一番よく弾けたと思ったし頑張ったけど〜
予選通過ならず、残念でした。
本人は賞状もらえて喜んでいます(笑)。

本人があまりよくわかってないだけに
どちらかというと、私のほうがしょんぼりしています。
自分の失敗だったらどうでもいいんですけど、
やはり娘となるとね〜、
「お友達は通過したのに、かわいそうだったな…」とか、思います。
本人はたぶん、そんなこと思ってないだろうけど。
コンクールに通過するには、
もうちょっと頑張らねばならないってことですね、厳しいなぁ。

まぁでも!視点を変えてみれば。
予選通過していれば、
本選の8月まで同じ曲をしばらく練習しないといけないので、
曲に飽きちゃうかも。
他の曲に進めるということはよかったかな。
たくさん弾いて楽しまねばね。
それに夏休みは思いっきり遊べるぞ〜!!

私のレッスンも娘のコンクール後に、ということだったので、
やっと見てもらえそうでもあります。

熱くご指導くださった先生には感謝ですし、
親子でいろいろ勉強になったな〜〜。
親も精神鍛えられますね。
娘はまだまだ先が長いですし、
これから先にはいろんな機会もあるだろうから、
楽しんで頑張れ〜。

ということで
私も、やっとピティナステップの練習音源を動画編集しました。
本番は大崩壊ですので、聴く勇気もないです〜。
動画編集したところでアップの仕方を忘れてアップできておりませんが、
近日中にできればと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村