ステップまでの道のり(6)

ステップ、私が受ける会場もようやく申込み締切になりました。
締切日過ぎても、いつまでも申込みボタンがついているので
もしや定員に達しなかったでは…を気をもんでいましたが、
どうやら先生の教室からも5人くらい生徒さんがでることになったらしいし
定員には達したようです。
どのくらいの方が応募されてたのかな。
大人の方はどのくらいいるのかしら、ドキドキ。

さて、本日はレッスン日でした。

やはりレッスンを受ける日って緊張しますね〜。
家を出る前にも一通り弾いていったのですが…
今回も、思っていたほど弾けませんでした(笑)。
いやー、練習ってしてたつもりでできてない、
難しいもんですね。

よく娘には
「できたできたって言ってる割にできてないじゃん!」って言うけど、
それ、自分にも当てはまるわ、ホントスミマセン。

ワルツ14番は暗譜ばっちりなのですが(ホントか?)、
ノクターン19番の暗譜がなかなかできないことを伝えましたら、
ステップなので、もう見てやりましょう!ということになりました。
頭真っ白になって弾けなくなるよりは
ちゃんと弾いて評価してもらったほうがいい、とのことで。
そうですね、そうしましょう!と納得。
わー、もう、ヘタレすぎる。

黒のバレエシューズも買いました。

今回は注意事項たくさん。
両曲ともペダルがいまいちよく踏めてないし離せてないのと、
ノクターンの左手、ワルツは拍を1拍目に、の注意が主。
ノクターンははっきり4拍子になるような弾き方をしない。
強弱をはっきりと。
ワルツ14番は短いけど派手な曲なので、しっかり強弱つけること。
今弾いてる倍くらいの感じで、ということでした。

自分ではよくわからなかったポイントがはっきりして、
これで「聴ける(聴かせられる)」ように弾けるんだったら
なんだか嬉しい♪

家のアップライトだと
ガンガン響いてうるさいくらいなんだけど、
グランドピアノだとちっとも音がでない感じで
ゼーハー言ってしまいます。

マジでおうちにグランドピアノが欲しくなりました…。
ということは、仕事もがんばらねばだね!

ステップの直前になりますが
3週間後に最後のレッスンしていただくことになりました。

帰ってから指摘箇所をすぐにさらって、
疲れたのでチョコレートをむさぼりくってしまいました。

ステップまであと1か月切りました。
どんな服を着ればよいのか、そちらも気になりつつ…

ファイトだよ、私!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中