内側から感情を出すこと

先週のバレエレッスンで先生が言われていました。

ピルエットしてポーズするときに、
お人形さんみたいに立ってるんじゃなくて、
内側から出る感情をだしてください、と。

できてなくても、決めるところを決めていれば
できたように見えるのだ、と。
笑顔で! と。

ワタシはまだまだどの動作もうまくできないので、
せめて最後のポーズのそこだけはやってみよう!と頑張ったのですが、
なかなかうまくできないものですよねぇ。

ピアノも同じよねぇ。。って思いました。
ワタシのピアノはまだまだ、
感情を込められるところまでもいってないです。
弾くことだけに精一杯な状態からなかなか一歩進めなくて、
その辺をうまくできるようになりたいのですがねぇ。

発表会を見た夫が
「もっと入り込んで弾いたらいいのに」と言っていたから、
出来てないんだよね。

むむぅ、悩ましいなぁ〜〜〜。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中