楽曲分析と暗譜

発表会の曲ですが、
せっかくの機会なので、やってみようと決めた事2つ。

「楽曲分析」
和声などの知識がないし、やり方がよくわからなんですけど、
最初に楽譜をよく見て、
まずは構成だけでもよく把握しよう。

…って、決まってから嬉しくて
もう弾いちゃいましたけど(汗)。

「暗譜」
春のピティナステップの時の審査員の先生から
「ショパンは暗譜する必要なし。
感情に流されないよう、きちんと楽譜をみる事」
みたいなことを書かれたんですが、

今回は発表会です。
先生からは楽譜はみてもいいと言われると思いますが、
一応はちゃんと暗譜する気で取り組もうと思います。
私の場合、暗譜はする気でしないとできないです。

暗譜については
ステップで苦い経験をしましたね…。

ワルツ14番はちゃんと暗譜できてたので
譜面は置いていたけど、自信をもって弾けました。
譜面はお守りみたいなものでした。
まぁ跳躍部分もあったし、
楽譜みてたら間にあわない曲でもありました。

ノクターン19番は、
最初から譜面みて弾くことにしていたのに、
譜面の高さに戸惑い、最後まで慣れずあたふたしました。

自然に暗譜できるほど弾きこめるのが理想です。
普段練習でやる分には、それにかける時間がアレなので…
無理に暗譜はしない方向にしました。

しかし、発表会はそれくらい弾きこまねば!!

と思っています。
大人ピアノ、気負いなくしたいところですが、
ここはひとつ踏ん張ってみようかなと。

決意表明でした。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

発表会の曲、決まりました

本日、レッスンに行ってきました。
エチュードOp.25-2、速度については言われず、
表現・表情について指導してくださいました。

指摘された部分がすぐには弾けないので、
次回のレッスンでもう一度きいてもらいたい、と伝えまして
一旦この曲は終わり。

嬉しい!!
憧れのエチュード、ひとまず一曲弾けた〜。
表情指導いただいた点はもうちょっと練習して、
練習音源も最後、アップできればと思っています。

そして、発表会の曲、決めてきました。

ちょっと背伸びする感じでああだこうだとお話して、
ノクターン13番もオススメだと言われましたが、
…は、途中のあの部分がまだできる気がしないので、

マズルカ、提案しました。
そしたら、曲の長さもちょうどいいと思う、と。
やってみますか?と言われたので、
挑戦します!!

初マズルカですが、なんと、
憧れの『Op.59 No.3』です。

できるか、自分?
どうせやるなら…弾けるようになりたい!!
仕上がりまで苦労するでしょうが…そんなことはいいんです、
やる!やります!!

という気持ちだけで取り組みます、嬉しい!!
頑張るぞーー!!!

というわけで、何度も登場ですが、
Eric Luくんのステキ演奏動画を貼っておきますね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

初・練習動画

初・動画撮ってみました。
現在練習中のエチュードOp.25-2でございます。

何度かやって一番ましなやつです。

まぁあれですよね、
気になる点はたくさんありますけど…

いろんな方の動画みせて頂いているので
ワタクシも現状把握のためにひとつ披露します。
背景に余計なものは映ってないかしら。

速さは66くらいですかね、
目標80に設定したけど、まだまだムリっぽい〜。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

目標は80で

ショパンエチュードo.25-2

目標の速さを(勝手に)「80」にしました。
楽譜で指定されているのは「112」ですが
とてもとても指が回りません。
「100」でも私には無理だ。ぐちゃぐちゃになっちゃう。

今、「72」くらいでもう一息、という感じ。

動画アップできるようにがんばりまーす。

関係ないけど、
今日は内科の定期検診行った病院で冷えた。
西日本は気圧不安定なので気圧もあるのか、
頭いた〜いよ〜。

40代も中盤になると、
(って書いておきながら自分でびっくり!もう40半ばって!!)
今までなかった頭痛がわりとちょくちょく訪れます。
先日は夜の2時に目が覚めて明け方まで眠れなかったし、
これはもしかして「早朝覚醒」といわれるものか?と思ったり。

いやだぁ〜ん。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスンでした

本日レッスンでした。

あのー…なんていうか…
なんでレッスンに行くと、
家でやってるのの半分も弾けないんでしょうか?
緊張でしょうか?練習が足りないのでしょうか?
グランドピアノ恐怖症だからでしょうか?(違)

超ゆっくりのテンポでみてもらいました。
そしてペダルを教えてもらいました。

次回(2週間後)までにしてくることは

・ペダルの踏み方をよく見て弾いてくること
・ゆっくり練習のときは、しっかり鍵盤をおさえること
・右手をスタッカートで練習するとよい
・指をくぐるとき指を残さない(手ごとすばやく移動)
・テンポは表示の半分くらいでやってみましょう

次のレッスンまでは2週間しかないので
エチュード、しっかりやってきます。

発表会の曲をご相談したところ、
持って行った「旅路」(風立ちぬテーマ曲)は、
ゆっくりな部分が多くて発表会でするには、う〜〜ん…と言われました。
また途中が激しいですしね…あそこコケたらもう、大失敗ですしね…。
(そこは薄々感じてました/笑)
それよりかは「人生のメーリーゴーランド」(ハウルの動く城テーマ曲)の方が
曲映えがしてよいかも、とのことでしたが、
「どっちかというと…」という感じでしたので、
先生の反応はどちらもイマイチだったような感触でした。

もし、どちらもイマイチなら、
やはりちゃんとしたクラシックのピアノ曲で、
ショパンのマズルカかワルツがいいかなぁ…とか勝ってに思うのですが、
まぁ、先生も私がどれほど弾けるのか、まだ掴みきれていないと思うので、
なんともアドバイスのしようがないのもわかります。

3分〜5分の曲で
無理なくできそう+自分が弾きたいと思う曲はなんだろうかなぁ、ううむ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

レッスンは月曜日

ショパンエチュードOp.25-2をみていただくレッスン、
来週の月曜日です。
レッスンでは「仕上げ」をしてもらえるように、と思っていますので
(なんせこの1曲をまるまる1か月はやってるんだから)
そのプレッシャーと闘っております(笑)。

6月の最後が金曜日だと、
7月の月曜からの予定がもう2週目になっちゃうので、
なんか週の感覚がおかしくなります。
カレンダーみたら、もうあんまり家で練習する時間がない!

なんだろうなー、右手の、コロコロした感じというか、
優しく、かつ、はっきりと、みたいな感じ?
あれがなかなかうまくできませんよねぇ…。

ところで、
明日、夫の所用で広島に行きます。
せっかくなので、楽器店とチャコット(バレエ用品)覗いてみたいな。
浜松ピアノ社ってところがいつも気になってるんだけど、
なんか敷居が高くて入れない(笑)。
ちょっと勇気をだして入ってみようかしら…。

お好み焼きはマストですぜ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

やっと止まらずに

ショパンエチュードOp.25-2、
苦戦していた箇所もようやく指が覚えてくれれて、
通して弾けるようになりました。

ペダルの入れ方がよくわからないです。

エキエル版の楽譜には
注意が必要な箇所しか書いてない…んじゃないかしら。

うちのピアノは響きすぎて濁るので
ついつい細切れに踏んじゃいますが
そうじゃないんだろう、今までの経験上。
これは先生にお聞きするとして…

は〜〜〜、
通しで弾けるようになるまで時間かかったわ〜〜〜〜!

(まだ3回に1回は間違うけどさ…)

あとはですね、なんていうんですか、
右手のタッチですかね、音量というのか、
どのようなタッチで弾けばよいのか。
うちのアップライトは鍵盤軽いので、なかなか難しいところなのですが
自分では右手の音がでかいんじゃないかと感じています。
全く綺麗な感じに聞こえないので。
音が大きいからペダルいれると濁るのかなぁ?

で、これまた、
グランドピアノで弾くと、感じが違うんだろうなぁ。

またグランドピアノの練習に行くかなぁ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村